トップトップ矢印録音方法プチ達人

録音方法プチ達人

会議録・議事録・インタビュー・講演会などを録音するときのコツです。
テープ起こし(てーぷおこし)するための、うまく会話を録音するポイントをチェックしてみましょう。

1.まず録音機器を用意します。

録音機器の動作を確認します。

皆さんの手近にある録音機器は何でしょう。
ICレコーダーであったり、カセットなどを挿入して録音するMD・カセットテープ・マイクロカセットであったり、ビデオカセットであったり、さまざまでしょう。きちんと動くか、まずは確認しましょう。

2.録音機器の録音モードについて

録音モードは、標準か高音質を選択します。

●ICレコーダー(音声データ、音声ファイル)
標準、また高音質モードで録音します。長時間録音モードは、ノイズが多くなり、音を拾う能力も低下します。

●MDレコーダー
録音機器も長時間録音モードではなく、できるだけ標準を選択します。

●カセットテープレコーダー
2倍速や3倍速録音は極力避けて、標準で録音します。

●マイクロカセット
標準と2倍録音の2つが装備されていると思いますが、こちらは標準で録音しても、コンパクト機能のため音はよくありません。2倍速録音は、さらに音を拾う能力は下がります。意味のある声としてキャッチできる範囲は、機器の周囲30センチ前後ぐらいであることを意識して録音しましょう。

●miniDV、デジタルビデオカメラ
画像と音声を一緒に録画するビデオカメラも、標準モードを選択します。

簡単に言うと、小さくコンパクトに録音すると記録量が少なくなるので、拾える音の範囲が狭くなって、小さな音が拾えなくなり、ノイズも生まれます。小さくコンパクトに圧縮したものは持ち運びにも管理するのにも便利ですが、音に大きな差が出ることをお忘れなく。

特に会議録や議事録では話者が多くなるので、マイクと話者の距離が近い人もいれば、離れた位置の人もいることになります。小さな声もしっかり拾えるように、できれば高音質で録音することをお勧めします。仕上がり原稿に大きな差が出ます。

3.録音する場所はどこがいいのでしょうか。

もちろん静かなところを選びます。

静かな一部屋を確保できれば十分です。不可能なときには、なるべく静かな場所を選びましょう。

録音機器は周りの雑音まで忠実に録音しますのでご注意ください。
喫茶店でインタビューをするときは、厨房やレジから離れたところがいいでしょう。

4.マイクや録音機器はどこに設置したらいいのでしょうか。

マイクと話者の間は、できるだけ近い距離をキープします。

インタビューなどで2人の声を録音するときは、机に向かい合って座り、机の上に録音機器を置けば外付マイクは必要ないでしょう。

3~4人の声を録音するときは、録音機器を取り囲んで丸く輪になって座るようにすれば、マイクがなくても録音は可能です。

5人から10人ぐらいになると、録音機器に内蔵されたマイクでは頼りなくなってきます。外付けのマイクをつけて、それを囲むように座ります。最近のマイク一体型のICレコーダーは外付マイク並みに機能が向上しているものもありますので、外付マイクが必要ないこともあります。

広い講堂のような会場のときは壇上の机にマイクを設置します。会場から質疑応答をもらうときは、少々面倒でも話者へマイクを渡してから話すようにしてもらいましょう。これが一番確実です。

5.録音機器を設置して、試し録音をします。

ああ~、本日は晴天なり。

いきなり本番は危険なので、時間に余裕を持ってください。
実際に録音する会場で録音して、再生して聞いてみましょう。

録音するときに、再生ボリュームは「大」にしておきましょう。
再生ボリュームが録音の音量に影響する機器もありますので、とりあえずボリュームを「大」にして試し録音をして、音が歪まない程度の位置に定めます。

6.2台の録音機器で、同時に録音すると安心です。

2台の機器で、人数の多さとハプニングに対応します。

突然、機器が動かなくなっても、もう1台があるから大丈夫です。

10人前後の参加者による会議などで外付マイクを用意できないときは、2台の設置場所を工夫して対応します。
円陣を組んで、ある人の前に1台を録音機器を置き、対照となる向かいの人の前にもう1台を設置します。これで内蔵マイクと話者との距離が平均して縮まることになります。

テープ起こしHINAでは、この設置場所の違うものを合体させて1つの原稿を作成することも承ります。2本合体のテープ起こし(てーぷおこし、聞き取り)も、サービス価格でご提供いたします。

これであなたも録音のプチ達人。

録音機の下にハンカチを敷きます。

録音機器を置いて、その机の上でメモを取るときは録音機器の下にハンカチやタオルを敷きましょう。机上の作業音が弱まります。

また、少し高度になりますが、話者の声が小さくて聞き取りづらいと思ったときには、進行役の聞き手は話者の言葉を復唱しながら、話を進めていくとよろしいでしょう。

いざ、録音の場へ出陣です。

テープ起こしのICレコーダー図鑑に、ICレコーダーを中心に録音機器が紹介されています。