理想的なFAXのあり方について考えてみる

テープ起こしのお客さまからのお問い合わせは、メールや電話があればほとんど事が足りてしまいます。ですが、それでもないと困るのがFAXです。

FAXは、原稿をチェックして、手書きで「OK」と書いて、素早く返送という場面ではとても便利な代物です。

当然のことながらメールでも同じ作業は可能です。原稿をメールで受け取って、「OK」とメールを返送すれば、それで済みます。手書きのサインやハンコが必要であれば、PDFで取り込んでメール添付で送信することもできます。

こちら側の対応は、お客様に合わせてということになります。

ところで、FAXはこれからどんな姿を目指していくのでしょうか。アメリカではもう化石化したと言われているファクスですが、日本では今もなお現役です。なぜ日本ではファクスがなくならないのでしょうか。

FAX機に代わるものとして、FAXをメールで知らせしてくれるサービスがあります。ほかにもパソコンのFAXソフトで受送信という方法もあります。印刷機と一体型のFAXもあります。いずれもメールやパソコンを使える環境さえあれば、単体のFAX機と紙が要らないので、節約になります。

私は、それでも結局FAX機に舞い戻りました。やはり餅は餅屋に任せようということです。Windows FAXに馴染めなかったということもありますが、FAXを受けるにはFAX機が一番手っとり早かったということです。

仕事で使うのか、家庭で使うのか、パソコンがあるのかないのか、ケータイメールは使える環境なのかによって、求めるFAXは違います。最近では、FAXで送られてきた文書をSDカードに記録できるFAX機があります。パソコンで文書を見ることができます。SDカードで記録できるのであれば、本体の印刷機能を思い切ってなくして、小さくコンパクトにしてほしいと思うのは私だけでしょうか。電話機にちょこっと付いている程度のFAX機が私の理想の形です。

Comments are closed.

Post Navigation