[本日のテープ起こし]看護や医薬のIC起こし

本日のテープ起こしは、看護や医薬の医療場面の文字起こしです。
ここでのICとはICボイスレコーダーのことです。

医療分野においては、インタビューのほかに、実習を含む授業内容の音声を原稿に起こすこともあります。現場の生き生きとした会話のやりとりから、医療現場の臨場感が伝わってきます。

授業内容などのテープ起こしでは、声をそのまま拾う「素起こし」のご依頼が多く、インタビューでは意味のない言葉を削いで読みやすくした「ケバ取り」というご依頼が多くなります。どちらもお客さまのご要望に応じて原稿を作成しております。

生の声をそのままに、その場を鮮やかに再現して甦らせる「素起こし」のテープ起こしでは、場面を読み取る力とわかりやすい表記力がさらに必要となります。「素起こし」を甘く見ることなかれということです。

「ケバ取り」の「ケバ」とは「あの、その、えーと、ああー、うーんと」などといった中で意味のない言葉のことをいいますが、「ケバ」の削ぎ具合は、お客さまのご要望に応じて、その場の雰囲気を残しつつ読みやすく整理していきます。一律に「ケバ」を削いでしまっては、その場の臨場感が消えてしまうこともあります。

HINAでは、「素起こし」「ケバ取り」「標準」といった3種類の起こし方に加えて、お客さまのご要望に応じて起こし方にバリエーションを設けております。例えば「素起こし」に近い「ケバ取り」といったようなアバウトなご指定にも対応いたします。お客さまの作業がスムーズに行えるように、起こし方の程度に変化を加えております。

yosx9803_tp_v

Comments are closed.

Post Navigation