[本日のテープ起こし]2倍速カセットテープのテープ起こし

2倍速テープレコーダー ソニー

曇り空の中、今日もテープ起こしに励んでいます。
2倍速で録音されたカセットテープのテープ起こしです。最近ではほとんどがICレコーダーの音声ですから、久々のカセットテープのお仕事に、右のソニーTCM-400のお出ましとなりました。

カセットテープの音声はパソコンに取り込んでからテープ起こし作業となります。パソコンにダビングするわけです。90分テープなら90分かけて、2倍速なら180分をかけてパソコンにダビングしていきます。

ちなみに、2倍速で180分ある音声を、倍速ではなく普通に90分で再生してダビングしたらどうなるのでしょうか。パソコン側で速度を落として再生すればいいので、ダビング時間が短くていいと思いましたが、それはうまくいきませんでした。テープの倍速録音を「ピルピルピル~」というような速い速度で録音したら、同じ「ピルピルピル~」でもそれは全く似て非なるものでした。パソコンで速度を落として聞いても、とても聞けたものではありません。

3倍速テープレコーダー Panasonic
現在4台のパソコンを使用していますが、パソコンによってその音質は微妙に違います。3倍速はパナソニックRQ-L26で再生しますが、ソニーのTCM-400と相性がいいパソコン、パナソニックRQ-L26と相性のいいパソコンがあります。微妙な差ですが、相性がいいとはダビングしたときの音質のよさをいいます。

日ごろから少しでもいい音の環境で作業することに注力して、再生機器やフットコントロール、再生や編集のソフトに工夫を重ねています。それが充実した原稿の出来ばえと速さに確実につながります

Comments are closed.

Post Navigation