[本日のテープ起こし]眼科のシンポジウム

本日のテープ起こしは、医療でも眼科、特にコンタクト使用に絡んで生じたと思われる眼の病気についてのシンポジウムです。

コンタクトレンズの使用方法の誤りから、とんでもない目の病気を引き起こしてしまう。こんなことはテレビや新聞などでもよく話題に上ることもあり、コンタクト使用者でなくても、そんなことがあるらしいことはどこかで耳にしていることと思います。

私、komogomoも、ソフトコンタクト使用歴30年を超えるとはいえ、ついつい他人事と気軽に考えてしまうところは、正直、あります。まさか自分がとか、自分に限ってとか、そんなところは誰でもあるのではないでしょうか。

コンタクトレンズを手を洗わずに装着。今日も一日お疲れさまで、またまた手も洗わずにレンズを外します。そして洗浄せずに、これまた保存液も取り替えずにレンズをケースにドボン。さらに、仕事で疲れたときは、2週間装用のコンタクトレンズを夜寝るときに取り忘れて翌日もレンズをつけたまま出社。そしてアフター5へ。

これは極端な話と思うかもしれませんが、実際にある話です。コンタクトレンズは眼にとって異物ですから、きれいに使用しているつもりであっても、いろいろな病気で眼科へ駆け込むことはあるようです。

長年使用していると、自分勝手な変な経験予測値がムクムクと勝手に育つことは何事にもよくあります。このぐらいは大丈夫だろう、いつも大丈夫だから今度も大丈夫。といったことが続くと、さらに手順を簡素化し、ついには完全に端折るなんてことは、コンタクトレンズに限らずいろんな局面であることです。

「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造(もぐろ ふくぞう)さんが現れて、「とんでもないことになりますよ~」とどこかの健康番組のように決め台詞を言われて、ドーーーン!と人差し指で攻撃されないうちに、今もう一度コンタクトレンズの使用方法の基本!に立ち返って、眼を大切にしなくてはと肝に銘じたところです。

music.gifテープ起こしのことなら安心と信頼のHINAへ
一般または看護系テープ起こし医薬/理化学系テープ起こし裁判/法曹系テープ起こし

Comments are closed.

Post Navigation