録音だけじゃない、録画のテープ起こし

手軽に録音する器械と言えばその主流はICレコーダーとなっていますが、見かけることは少なくなったもののカセットテープやMDも店頭ではまだ健在です。

音声だけでなく画像もということであればデジタルビデオで記録することになります。数年前であればminiDVやVHSビデオということでしょうが、この機種も今では数少なくなっています。

テープ起こしでは、録音されたものだけでなく、画像と一緒に録画した音声を文字化するという作業もあります。

デジタルビデオは、今では画像も音声もきれいに録画する機能が充実してきました。少し前までは集音機能に脆弱さが見られ、ノイズが増えて聞き取りが難しいこともありました。最近は音質も良くなり、聞き取りやすくなりました。

高機能になってきたデジタルビデオですが、メーカーにより性能に差があることは言うまでもありません。どの機種であれ、録画の際に注意したいことは同じです。

画像を撮りたいという場合には、対象者からある程度離れたところから録画することになります。演者がマイクを使っていればそのマイクを通した音声を拾うことになり、室内の反響音を含んで録音されてしまうこともあります。これは室内構造に加えてマイクとスピーカーの性能問題によるところも大きいので、デジタルビデオの機器側で何か策を講じることは難しいと思います。

音もしっかり残したい、あるいはテープ起こしで音声を使いたいというのであれば、デジタルビデオとは別にICコーダーを前の席に設置して、音声を録音しておくことをお勧めします。

2台構えで不測の事態に備える。
いかに機種の性能が上がろうとも鉄則かと思います。
手間はかかりますが、備えておけばそれだけの価値はあります。いざというときに安心です。

コスモス2

Comments are closed.

Post Navigation