誰でも簡単にベストな録音OLYMPUS ICレコーダー LS-14

全国量販店の実売集計で2011年ICレコーダーにおいてトップシェアを獲得し、オリンパスは6年連続の受賞となりました。このオリンパスが11月22日発売予定としているのが、新製品リニアPCM ICレコーダー LS-14です。さて、注目の新機種はどんな機能を装備して登場なのか、発売前からとても楽しみです。

早速、オリンパスHPでLS-14の記事を見てみました。

誰でも簡単にベストな録音ができる新機能「スマートモード」を搭載。煩わしいマニュアル操作に頼らず、シンプルな操作だけでプロと変わらないレベルで録音できます。また、3マイクシステム「TRESMIC」も進化しました。無指向性センターマイク用のフィルターを見直し、さらなる自然なステレオ感を得ることができます。最大耐音圧も130dB SPLを実現。このクラスのレコーダーでは類を見ない耐音圧で、ドラムなどの大音量でも音割れしない録音が可能となりました。

「誰でも簡単に」というあたりが、より広い利用者の支持を得そうです。テープ起こし用の録音にも、より手軽に身近な存在になることを期待させます。

記録形式は、リニアPCM形式とMP3形式に対応。記録時間は、リニアPCM形式が96kHz/24bit:約1時間35分、MP3形式が320kbps:約23時間30分(いずれも4GBメモリー使用時)です。

テープ起こしICレコーダー

Comments are closed.

Post Navigation