SONYステレオICレコーダーICD-UX534F 書き起こし用機能

師走も中半を迎えた今日は、10月下旬に発売されたソニーのステレオICレコーダー UXシリーズをご紹介します。

スライド式のUSB端子が内臓されて、ますます使いやすさを追求した本機は口コミも上々ですので、発売から2カ月経ていますが、あえてここで注目してみたいと思います。

まずは、USBでPCとダイレクト接続が可能であること。そしてステレオ録音対応の「Sマイク・システム」、再生時のノイズを低減する「強力ノイズカット」、最長30時間連続駆動のスタミナバッテリーといった特長を従来機から継承しつつ、本体での書き起こしに便利な「書き起こし用再生」を追加している点が特徴です。またFMラジオ機能も充実しています。

今回注目の「書き起こし用再生」機能は、録音済みファイルを早送り/早戻ししながら、聞きたい箇所を探せること。そして作業する人が使いやすいように本体機能を割り当てるといったカスタマイズも可能です。

ICレコーダー本体のみで書き起こしするのは、正直きつい作業です。書き起こしの作業はパソコンに取り込んであらかた済ませるとして、ちょっと聞き直しする程度であれば、この機能は十分に活用できると思います。

紹介商品はICD-UX534F、8GB。現在1万円を切る価格となり、3,000円ほど安くなっています。下位機種はICD-UX532、4GB(FMチューナー非搭載)で現在7,000円台です。

SONY ステレオICレコーダーICD-UX534F

テープ起こしICレコーダー

Comments are closed.

Post Navigation