オリンパスVoice-Trek DS-850が3つのマイク搭載で登場

オリンパスからこのほど発売された新機種が、Voice-Trekシリーズのハイエンドモデル「Voice-Trek DS-850」です。3つのマイクを搭載して、3月15日に登場したばかりです。

テープ起こし用ICレコーダーAA300

注目したいのは3つのマイクです。左右2つの指向性マイク、それに加えて中央の無指向性マイクを搭載したことにより、低音もしっかり捉えて、より広い音域をクリアに録音できるように配慮されています。

CDの音質レベルのリニアPCM形式(48kHz/16bi)のほか、WAV、MP3、WMAで音声を保存することができるので、商談はもちろんのこと、会議や講演などの広範囲の音を長時間録音してテープ起こしに活用するなど、幅広く活用することができます。

バッテリーは付属のニッケル水素充電池2本。市販の単4形乾電池2本でも使用できるので、使い勝手は非常にいいです。録音時間は電池の種類と録音形式によって変わります。アルカリ電池を使用して、48kHz/16bitのリニアPCM形式で約39時間、320kbpsのMP3形式で約37時間、128kbpsのWMA形式で約38時間。ニッケル水素充電池の使用で、44.1kHz/16bitのリニアPCM形式で約29時間、320kbpsのMP3形式で約27時間、128kbpsのWMA形式で約28時間となり、アルカリ電池のほうが10時間ほど長い録音駆動なっています。

内蔵メモリーは8GBで、microSDHC(32GMまで)に対応。色は、チタングレー、ライトブルー、オレンジの3色です。

録音機能の設定は10段階です。調整可能な「ズームマイク」を搭載したことにより、狙ったターゲットの音をより明瞭に録音するということなので、テープ起こしのための上位機器として、この機種に期待しています。

Comments are closed.

Post Navigation