TASCAMの リニアPCMレコーダー がお得わけは

「テープ起こし用にいい録音機はないですか。推薦機種はありますか」などと聞かれることはそう珍しいことではありません。そこで今日は音響機器で名高いメーカー TASCAM をご紹介します。

2011年発売当初から簡単な高音質録音で評判の高いリニアPCMレコーダー DR-05 ですが、その後続版が2014年7月に発売されました。それに伴うTASCAM の太っ腹で粋なはからいも併せてお知らせします。

まず新機種 DR-05 VERSION2 で追加された新機能はこの5つです。
 ・楽曲制作に便利な非破壊オーバーダビング機能(上位機種DR-07MKIIと同等)
 ・ボーカルや楽器をきれいに響かせるリバーブエフェクト
 ・入力レベルを基準に自動で高音質録音できるオートレック機能
 ・入力レベルを基準に自動でマークを打つオートマーク機能
 ・動画ファイルとの位置合わせに便利なオートトーン機能

臨場感溢れる高音質・高解像度を実現するステレオコンデンサーマイクにより、少人数の会議から、大会場で行われるシンポジウムまで、それぞれの場面に合わせて最適な録音レベルで自動的に調整録音が可能となりました。テープ起こし用の録音機としても申し分ない機能です。

また、再生速度を変えても音程を変えることなく再生できる機能と、ばらついた音量を揃えて聴きやすくするレベルアライン機能によって、さらに満足度の高い再生レベルを達成しています。

このようにシチュエーションに合わせて、さらに使いやすく簡単になった DR-05 VERSION2 ですが、なんと旧バージョン DR-05 でもその機能を使うことができるんですね。メーカーHPでファームウェアV2.00のアップデートを行うことで、新機種同様の機能が利用可能になります。

ありがとう、TASCAM !
太っ腹な TASCAM にエールを送ります。

現在の価格は、新機種 DR-05 VERSION2 は 1万2,000円台、旧機種 DR-05 は 9,000円です。ならば、あえて旧機種を購入してアップデートして新機種と同等に使いこなすというもありかもしれません。お得だと思いますよ~。既に旧バージョンを持っている人は今回のバージョンアップは必須です。

DR-05 VERSION2

Comments are closed.

Post Navigation