三洋電機 ICレコーダー ICR-PS004M

お客様から、テープ起こし用のおすすめの機種を聞かれることがあります。
「会議や講演会を録音しようと思うんですよ」と、ICレコーダーの機種選択に迷われて、当方へお電話をいただいたという次第です。

ざっくりとした目安として、1万円以下の商品は機種から30センチ~1メートル以内を保って話すことを心がけたほうがいい場合が多く、講演会や会議などもう少し広い範囲の音を捉えるには2万円前後をおすすめしています。メーカーの特徴もありますが、新しい商品の中で各メーカーの上位2位ぐらいまでの機種なら、十分に仕事をこなしてくれるものと思います。

さて、三洋電機「ICR-PS004M」が10月末に発売されました。
臨場感豊かな録音が可能な「リニアPCM形式」、
長時間録音に適した「MP3形式」の2種類の録音フォーマットに対応しています。
テープ起こし用に録音するときは「リニアPCM形式」がお勧めです。
今回、さらにマイク構造がリニューアルされました。
開口部は従来比の約3倍に広げています。
音の明瞭性を実現しているんだとか、、、期待できそうです。
録音シーンに適した高音質録音ができる「録音シーンセレクト」、録音時に空調音や風切音などを低減する「ローカットフィルター」、ノイズを低減し聞き取りやすく再生する「クリアボイス」、音程を変えずに再生速度をコントロールする「21段階再生速度調節機能」などの便利な機能も搭載しています。


ICR-PS004M

Comments are closed.

Post Navigation