firestorage を使って、音声データを送る

音声データの受け渡しから納品までインターネットですべて完了する時代となりました。では、音声データのような大きなデータを送るにはどうしたらいいのでしょうか。大きなデータをインターネットで送るには、オンラインストレージサービ Read More →

かっこと句点の使い方―テープ起こしの作法

かっこと句点の使い方は、意外にややこしいものです。例えば小中学生の義務教育では「~でした。」というように、括弧内であっても文が完結していればその終わりを示す句点を置きました。これは公用文書も同じです。閉じ括弧の前に句点を Read More →

日本語の書き表し方をまとめた用字用語集

平仮名で書くのか、片仮名で書くのか、句読点はどこに置くのかなどといった表記の方法に1つの決まりがあるわけではありません。日本語の書き表し方にはさまざまな手法があります。新聞や雑誌などの記事を書いたり、校正をしたりするとき Read More →

読点「、」の打ち方― テープ起こしの作法

日本語の表記について少し思うところということで、今日は読点についてです。 皆さん、読点「、」をどこに打ったらいいのか、迷うことはありませんか。この読点の打ち方には何か決まりがあるわけではありません。でも、決まりがないから Read More →

[本日のテープ起こし] 看護のインタビュー

看護分野では学術研究を目的として聞き取り調査のインタビューや座談会、そして講演会やシンポジウムなどが活発に行われており、さまざまな場面のテープ起こしのご依頼があります。 看護や医薬系の雑誌では、看護師同士、または医師とコ Read More →

IC起こしなら受注~納品までインターネットで完了

現在、ご依頼いただくテープ起こしの7割はICレコーダーの音声ファイル、2割はデジタルビデオカメラの動画、そして残りの1割はMDやカセットテープという状況です。カセットテープがまだ録音器機の全盛期であった時代に名づけられた Read More →

科学研究費や公費を利用したテープ起こしもスムーズです

大学や関係官庁・団体などを含む研究機関では、科学研究費や公費などを利用して専門分野の研究が行われています。研究の場において発生するテープ起こしは、インタビュー、シンポジウム、講演、会議など、その場面はさまざまですが、いず Read More →

テープ起こしは文字入力というより場面入力だと思う

医薬・看護などの医療現場、また学校教育・政治経済・環境整備をはじめ、非常に多岐にわたる分野において、テープ起こしは需要があります。人が語る場面を文字に再現するテープ起こしという作業は、その話す場面から分野の研鑽を深め、さ Read More →

理想的なFAXのあり方について考えてみる

テープ起こしのお客さまからのお問い合わせは、メールや電話があればほとんど事が足りてしまいます。ですが、それでもないと困るのがFAXです。 FAXは、原稿をチェックして、手書きで「OK」と書いて、素早く返送という場面ではと Read More →

テープ起こしを外注するメリット

もうすぐ4月です。新年度を迎えますと、新しい顔合わせも含めていろいろな会議が行われる時期です。何かと忙しい4月です。会議録などの記録物は効率よく作業を済ませたいものです。そんなときはテープ起こし屋に会議録を外注してみては Read More →