3.録音する場所はどこにしたらいい?

テープ起こし用の録音では、やはりなるべく静かな場所を選ぶことが大切です。

録音機は、周りの雑音まで忠実に録音しますので、録音したい音声がほかの雑音によってかき消されることもあります。喫茶店でインタビューの録音をするときは、厨房から離れた場所、ほかのお客さんが少ない場所、レジから離れた場所、人の出入りの少ない場所に目を付けましょう。

また、体育館や講堂は、その構造によって音がはね返り、おふろの中のように、ぼわ~んとした音になることもあります。このような状況のときは、マイク機器と直結して録音するなどの工夫が必要となります。

いずれの場所においても必ず事前に録音をして、再生して音を確認してみると良いでしょう。インタビューする人と対象者の席をシミュレーションします。声の大きさはこのくらいで大丈夫か、周囲の雑音はどの程度か、録音機の置き場所はここで大丈夫か、録音のボリュームは最適かなど確認しておくと良いでしょう。

 

Comments are closed.

Post Navigation