4.外付マイクを準備しよう

余裕があるようなら外付マイクで収録しましょう。

内蔵マイクは小さくコンパクトですから、その機能も削って組み込んでいます。ですから集める音の範囲にも限界があります。小さい音が拾えないことがあります。雑音も多くなります。

最も望ましいのは、話し手の前に外付マイクを設置することです。複数の話し手がいる会議では、一人一人にピンマイクをつけられれば、なおベストです。が、そこまでなかなか投資するのは難しいものです。

最近では外付マイクがいらない高機能なものも出てきていますが、買い替えるといった余裕がないときにはマイクと話し手のセッティングを少し工夫してみましょう。

こんな小さなマイクもありますが、価格なりの力と思ったほうが無難です。

ソニー ECM-DS30P

Comments are closed.

Post Navigation