6.音のボリュームを調整しましょう

録音機器が設置できたら、試し録音です。いきなり本番は危険です。

会話を録音して、音のボリュームを調整します。ボリュームとは機器の音量「大~小」のメモリ(つまみ)のことです。このボリュームは録音の音量に影響する機器もありますので、最初はとりあえずボリュームを大にして試し録音をします。

ボリュームを落としてから再生して音を確認します。大きな声で話したときに会話が歪みなく録音できるボリュームに設定します。

ボリュームが小さすぎるとノイズが増え、テープ起こしが困難な場合があります。
声が歪まない程度を最適位置として本番の録音をします。

Comments are closed.

Post Navigation