7.念のために2台で録音します

テープ起こし用の録音では、2台の機器を用意します。そして2台で同時に録音します。
これは、電池切れや故障で機器が動かなくなるなどの急な事態を救ってくれます。

また、カセットやMDの入れ替えのときに録音できなかった部分も、もう1台がきちんと録音するので、安心です。

Comments are closed.

Post Navigation