8.マイクの声がうまく拾えないときは…

話し手の声がスピーカーから会場へ流れているとき、その会場音を別の機器で録音するとハウリングをしたり、エコーが効いてしまったり、室内で音がはね返ってしまったりということがあります。講堂のような大きな会場でテープ起こし用に録音する際には、こうしたことに気をつける必要があります。

そんなときは、マイクと録音機器とスピーカーをコードでつなぎましょう。
とてもクリアに録音することができます。

Comments are closed.

Post Navigation