テープ起こしの肝はオーダーメイドであること

今日も陽差しは強いようですね。
そんな陽差しを横目に、本日も快聴にテープ起こし中です。
ところで、このテープ起こしは、1時間の音声をテープ起こしすると一体どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

音声状態がクリアですと4時間ほどで上がりますが、状態が悪ければ8~10時間ということもあります。ノイズが多く、マイクに音がうまく届いてない状態のものや、方言を含んでいるものは、24時間以上の時間がかかることもあります。

医薬などの分野、またはそれ以外の分野でも専門用語が多く使われているとその作業はさらに長くなります。しかし、専門用語が多い場合はレジュメなどの参考資料をご用意いただけることがほとんどですので、特急の納品も可能となります。

テープ起こしの作業の流れは、まずザクッと粗起こしで全体の流れをつかみ、人物の聞き分けの調整を行います。そして、もう一度音声を聞き直して修正し、その後、校正を行います。校正では、用字用語のチェックに加えて専門用語の確認も行います。

加えて、お客様がこの後の作業をしやすいようにテープ起こし原稿ができているかどうかも、肝となるチェック事項です。お客様のお話やメールからどのような原稿をお望みなのかをつかみとり、ニーズに合わせて起こし方を微調整します。ですから、テープ起こしはいつもオーダーメイド的な作業と言えるのかもしれません。

いつもあなたに合わせたオーダーメイドであることを忘れずに、これからも安心・安全・確実にテープ起こし原稿をお届けしていきたいと思います。

海2

Comments are closed.

Post Navigation