テープ起こしとは何か

テープ起こしは、逐次反訳、文字起こし、原稿起こし、テープライター、テープリライト、トランスクライバーとも言われます。

たまに、テープお越し、テープ興しという表記も見かけます。

テープ起こしとは、録音や録画されたものを文章にすることを指します。

インタビューや講演、授業、会議、シンポジウム、分科会など、さまざまな場面で録音や録画されたものの音声を文字に直して原稿にします。

Comments are closed.

Post Navigation