テープ起こしは文字入力というより場面入力だと思う

医薬・看護などの医療現場、また学校教育・政治経済・環境整備をはじめ、非常に多岐にわたる分野において、テープ起こしは需要があります。人が語る場面を文字に再現するテープ起こしという作業は、その話す場面から分野の研鑽を深め、さらにそれを人に伝播するという、この一連の記録作業の一部にすぎません。

テープ起こしとは何かという問いに「文字入力」と言われれば、あたらずといえども遠からずと答えるでしょう。私は「場面入力」という言葉のイメージが合うと思っています。テープ起こしは、紙に綴られた文字を写して入力する「文字入力」とは似て非なるものです。文字入力という作業では入力速度が大きな武器になります。テープ起こしでも、ある程度の入力速度は必要ですが、速度だけではテープ起こしの商品にはなり得ません。人の話を聞いて入力するテープ起こしに大切なのは、まず人の話や場面を正しく理解すること。そして会話のやり取りは、いつもキャッチボールであること。この2点がとても大事です。

ほとんどの場合、キータッチにばかり追われて内容を理解していないときに、聞き間違いが起こります。話の内容を理解できていれば、言葉のつながりがおかしなことに気づいて、その聞き間違いを正すことができます。また、聞き取れず埋没していた言葉も、話の流れから推測して聞き直すことで、その言葉をすくい上げることもできます。そのためには専門的な用語の知識も必要になってきます。場面を読み取ることがキーポイントです。

「二兎追う者は一兎をも得ず」ということわざがありますが、入力、そして話を聞くという作業の二兎を追ってこそ初めて、テープ起こし原稿として完成します。これを言い換えれば、「二兎追わない者は一話も得ず」といった感じでしょうか。指で文字を追うだけではなく、耳で場面を追うという「場面入力」。これがテープ起こしの作業です。

Comments are closed.

Post Navigation